【USDT】テザー問題にビビって投資をしないのは愚かだよ

こんちは!
りょうへいです。

亮平アイコン

仮想通貨業界の不発弾、テザー問題

テザー社はドルの裏づけなくUSDTを発行し続け、ビットコインの買い支えを行っていたんだろうか?

で、
日本時間2/7にあった公聴会だけど、テザーに関する追求はひとつもなかったんだってね。

・結局、テザー問題は解決を見るのか?

オレの考えは

亮平アイコン

テザーは黒だけど、半年~1年は追求をまぬがれる

と、思ってる。

・テザーが黒だと思う根拠

この記事(→本当にテザーがビットコイン価格を吊り上げているのか?)ではテザー社のビットコイン買い支え介入があるか?を統計学で導き出してるんだけど、

亮平アイコン

なるほど、わからん

という難しい話を凡人にもなるべくわかりやすく伝えようとしてくれてる。すげぇ!

で、わからないなりに読んでみたところ
「あぁ、テザーは買い支えしてるんだろうな」と思ったんだよね。

キミはどう思う?

・テザー社は自白しない

テザー社としては

「準備金を持ってません。ごめんなさい」

とは現時点で口が裂けても言えないよね。

どのように追求をまぬがれようかと、日夜考えてるに違いないと思わない?

「準備金はある。あるが、資料は提出できない」
「この件に関してこれ以上言えることはない」
「…………」

このとおりダンマリを決め込む可能性だってじゅうぶんあるよね。

すると問題の解決は2~3ヶ月で済むか?と言われると、まあ、まずムリだろうなと思うよ。

最低でも半年(2018年8月)、

いや、1年(2019年2月~)以上なんてことも十分に考えられる。

テザー社が疑惑究明に協力的なわけがないもんだから、問題解決は遅々として進まない。

細々と喚問や調査が続けられては
オレたちが忘れたころに国外ニュースで取り上げられて

「市場が反応したりしなかったり」する。

微調整。

で、「まーたテザーか」とか反応が鈍くなってきたころに、ようやく来るのだ。

2019年か、そのうちに。

ある日
あれよあれよとビットコインが暴落。

「なにか情報リークでもあったのか?」

次の瞬間

速報 ”テザー社、資金的裏づけのないUSDTを使いビットコインを買い続けていたことを認める”

大暴落ドーン

テザー問題に乗じた浴びせ売りでさらに大暴落ドーン

はた迷惑な!!

まさに不発弾。

・それでも「市場に参加しない」はありえない

テザー不発弾こわい
っていうか市場もずるずる下げてるしジリ貧だし
もうfiatに逃げて数ヶ月は様子見ようかな。

っていう考えに至るキミは半分あってて半分間違ってる。

・チップはベットしないと増えない

オレは2018年1月の参戦から草コインやICO案件を淡々と仕込んでる。

半年、一年後に蒔いた種が花を咲かせるのを信じるようにね。

結果として、いま原資が半分溶けてる(笑)

ちゃんと計算してないけど500万円→250万円くらいになってるんじゃないかな。

亮平アイコン

参戦をあと半月でも遅らせておけば買い場だったのに……

と考えは落ち込むけどさ、考えてもしょーがないことなんだよね。

特にオレたち素人は。

仮に様子を見ているうちに相場があれよあれよと上がっていったら、手出しするのもこれまた躊躇しちゃうわけ。

「上昇トレンドに戻ってから買いなよ。落ちるナイフを掴むことないよ」

とはいうけどさ、それもよくわからん(笑)

・ドルコスト平均法という武器

そこで
上昇トレンドにも下降トレンドにも強い投資法がある。

それがオレの大好きなドルコスト平均法!

この投資法なら、中長期では勝てる算段だ。

価格が下がったときにがっかりするのではなく、多く買えたと考えることができ、価格が上がったときには少ししか買えませんから、高値づかみを避けることができたと考えればよいのです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/12929/

「ビビって投資できない」って言うくらいなら、いますぐドルコスト平均法についてさらっと知っておいて、試してみることをオススメするよ。

じゃあね。


The following two tabs change content below.

わたなべりょうへい

貯金はぜんぶ仮想通貨になりました。 2018年で資産500万円→資産1億円を達成するはずでしたが-200万円で決着しました。相場が悪すぎた。 2019年で優良案件を「ネット上」ではなく「人と会って」見つけ続けます。それで将来のお金の心配を無くします。だからあなたもLINE@登録をよろしくね!→LINE@に登録する