[スルメゲー]Buriedbornes(バリイドボーンズ)がドラクエ世代直撃な件[読み方難解]

あなたはスマホゲー、してますか?わたしは近頃してなくって、せいぜいログインボーナスをもらうためにパズドラを1日1回起動しているくらいなものです。

あっ書いてて思い出したけどそれすら最近忘れてました。

さてそんななか、Buriedbornes(バリイドボーンズ)という硬派なゲームがTwitterで紹介されていたのでプレイしてみたよ。なんでプレイしてみたかって?紹介記事をひと目みて「これはオレたち世代のゲームだ」と確信したのだ。現在ryo氏29歳。昭和62年生まれ。スーファミからプレステ2世代。ドラクエでいうところの3〜8世代。

Buriedbornesの読み方がわからない件

作者のツイートによると公式的な読みは「バリイドボーンズ」だそうです。でも英語読み的には「ベリイドボーンズ」らしいよ。どっちでもいいんだって。

作者のほかの作品を見てみると、作者はいろいろ難しいゲームタイトルを名付けるのがお好みの様子。英語がちょー苦手なわたしのような人にもわかるように、もっと簡単なタイトルだったらよかったな。

「無限のダンジョン」とか「ローグダンジョン」とか。……って、あかんよね、製作のモチベーションにかかわるもんね。生意気いってゴメンなさい。

どんなゲームなのさ

ひたすら敵を倒しながらダンジョンの深層へと進むゲームです。いちおう10階ごとに強力なボスが鎮座してますので、まずは10階ボスを倒せば区切りはついたことになります。が、別に倒したからといってエンディングが流れるわけでもありません。10階ボスを倒せたら、ようやく「このゲームの攻略法が理解できてきた」と認められる感じかな。

ゲーム進行はすべてコマンド選択式。すばやく選択したほうが有利なんてことはありません。システムとしては元祖ドラクエ1に酷似してる、と言えばいいのかな?ザシンプル。

ひたすら装備を揃える装備ゲーである

頼りになるのは基本的に装備品3種とスキル5つだけです。装備品は道中で拾うことができますが、必要以上に持ち歩くことができない。つまり、装備品3種とスキル5つのうちどれを残してどれを捨てるか、ダンジョン内では常に取捨選択を強いられるのです。

プレイヤーキャラクター自身にもレベルという概念はありますが、レベルがあがることで能力上昇するなんてこと、一切ありません。

レベルがあがると「いい性能の装備が拾いやすくなる」だけです。もっとも、いい装備を拾うことがこのゲームでもっとも大切だと言っても過言ではないのだけど。したがって装備が整わない限りいつまでたってもキャラクターのHPは50のままです。

ゲーム進行に必須でない部分を削ぎ落とした結果・・・

攻撃エフェクトやスキル発動エフェクトだってありません。ちょろろっとSE(効果音)が付いているだけです。ゲーム攻略上必要のない機能はとことんまで省いた硬派ゲーム。とっつきづらさは・・・まあ、あるよね。あ、ちなみにストーリーだってあってないようなものです。オマケ程度です。

ゲーマーのほうを向いているゲームである

このゲーム、ひとことでいうならスルメゲーでした。(=スルメイカを噛むようにやればやるほど面白さが滲み出てくるゲームのこと)

あくまでゲーム攻略を、ダンジョン深層をめざすゲーマーにとっては、エフェクトなんて蛇足でしかない。必要最低限のストレスフリーな操作ができればそれでよいのだ。

ほら、あなただってポケモン赤緑・金銀のせんとうアニメーションを最初はONにしてたけど、そこそこでOFFにしてたでしょ(えっしてたよね?わたしだけ?)つまりそういうこと。

ただ、荒削りな部分がないではない。たとえば<不審な置き物>を調べた際の発動効果のレパートリーが少なかったり、前バージョンまで回復量が不具合で常時5倍になっていたり。もっとも、それ以上に鬼畜な部分が多いゲームなので「すこしでも有利にプレイできる」なら、バグだろうが荒削りな仕様だろうが最大限活用するべきゲームだ。

ちなみに、選択できる職業レパートリーは多いよ。現在22職くらい。

こんな人におすすめ

ローグライクゲームが好きなひと(不思議のダンジョン)

いい装備が出るのも悪い装備が出るのも運次第。運×試行回数。いい装備が欲しかったら、ひたすらダンジョンを回れっ。潜れっ潜るのだっ・・・!なおダンジョンで死んだらそこで終了だ!不思議のダンジョンと仕組みはよく似ている。

ドラクエ、桃太郎伝説などのいかにもなRPGが好きなひと

だってそういうゲームだから、これ!ドラクエもこのゲームも、もとをたどればダンジョンズ&ドラゴンズっていうゲームから来ている仕組みらしいしね。

30時間ほどプレイしてみた感想

インストールしてから4,5日間は、寝落ちするまでプレイしたり、起きたら時計も見ずにプレイ再開したりと、無職らしいゲーム廃人っぷりを発揮させてもらいました。そこで思ったことを、以下にざくざく書いていくよ。

親切なような、不親切なようなゲーム

作者がみずからWikiを立ち上げてたり、音頭を取ってるのがいいよね。自分がいまどんな装備をしてどんな状態異常に掛かっているのかなどのステータス確認もすぐ開けるのは嬉しい。

もっとも、ステータス異常は戦闘画面のどこかに常に表示していてくれればもっと楽なのになー、とも思う。

メニューのどこになにがあるかわかりづらい

ダンジョンへ潜る前、いろいろ設定をいじったりガチャ引いたりできる画面があるんだけどどこを押せばどのメニューにたどり着けるのかがよくわからない。「その他」とかさ。その他ってなんやねん。その他のなかにも意外といっぱい選択項目あるし。全部タップして中身を当たってみないと、わけがわからなくなる。

こういった清濁含めた荒削り感が「ドラクエ1っぽさ」とでもいうのかな。痒いところに手が届ききらない印象。

狙い通りの装備セットが揃うと最強に楽しい

このゲームの最大の醍醐味がここなんじゃないかな。例えば「命中率は低いが威力の高いスキル」+「絶対命中する装備」が同時に手に入ればめちゃんこ強いよね。

同じく「HPが最大値を超えて回復する装備」+「HP回復量が上がる装備」+「HPが最大値以上あるとダメージが軽減される装備」といった組み合わせも定番で強い。

他にもいーっぱい組み合わせがあるのが、楽しいところだよね。

個人的に強いと思ったスキル組み合わせ

もちろん職業ごとに得意科目は異なるので一概には言えないですが気づいたのは以下の通りでしょうか。

ターン消費「0」スキル+ターン消費「なし」スキルの組み合わせ

とてもベターな組み合わせ。戦士ならこうげき+ジャブとかね。毎ターン撃てるのはやっぱりつよい。1階〜9階までは装備を整えながらこれで殴っておけばとりあえずおkかと思います。

一回「サンダーボルト・ピュリファイx4」っていうスキル組み合わせになって、毎ターン5回攻撃できてなんじゃこりゃつよ!ってなったことがある。もっとも、いりょく増える装備に替えていかないとすぐ火力不足に陥るし回復スキルなどがないといずれヤバいことになるんだけどねー。バランス考えましょ。

かいふく+オーバーヒール+せいなるかご

まずかいふくで回復力をあげます。つぎにオーバーヒールでHPを限界突破します。さいごにせいなるかごで被ダメージを下げます。すると安定感がとても増します。

・・・ただ、12月上旬くらいのアップデートで回復量5倍バグが無くなったので以前ほどの安定感は出ないね。

ただし一部の必須スキルが憎たらしい

必須スキルと思えるのが「きょうめん」っていうスキルで、これがないとダメージ反射ですぐに死ぬのが憎たらしい。ざっくりいうと敵が「反射持ち」だった場合、1000ダメージ与えたら1000ダメージ返ってくるのだけど、「きょうめん」があるとこれが無効化できるってわけ。

さらに「げんかいとっぱ」も中盤以降必須です。これが出ないとHP9999を超えないし、与えるダメージも9999を超えない。よって深層ダンジョンに潜るのは不可。ぶっちゃけ限界突破掘り当てるのメンドくさすぎる。

せめて出現確率などを緩和してほしいところ。

広告非表示が安価

課金アイテムである「ませき」(魔法石みたいなもの)を一度でも買えば広告が非表示になります。これは嬉しい。一番最小単位のませきを120円で買っちゃえばいいんでしょ?安い部類じゃん。
エルスの天秤っていうドラクエっぽいゲームもかつては100円買い切りだったしね(→いまは無料ダウンロード可能だって。すげぇや)

なおませき自体はゲームを30時間ほどやれば、ダンジョン内で6000~8000個ほど入手できるはず。課金自体をヘビーに行う必要、一切なし。わたしはまだ課金してません。

おわりに

スマホゲーってこれくらいの手軽さが良いよねぇ。みんなもやろう。やって合わなければやめればいいんだから。「はぁ~!?理不尽すぎ!もうやめたろ・・・」なんて思っても「今度はもっとええ装備出てうまく進むかも」と思い、ついもう一度挑戦してみたくなる難易度かと思います。ってパチンコかこれっ!?いえ、ローグ系ダンジョンの宿命です。


The following two tabs change content below.

わたなべりょうへい

貯金はぜんぶ仮想通貨になりました。 2018年で資産500万円→資産1億円を達成するはずでしたが-200万円で決着しました。相場が悪すぎた。 2019年で優良案件を「ネット上」ではなく「人と会って」見つけ続けます。それで将来のお金の心配を無くします。だからあなたもLINE@登録をよろしくね!→LINE@に登録する