【BI】ベーシックインカムトークンの利益構造を考える

こんにちは!
りょうへい(niconico_ryo)です。

BIトークン(りょうへいの考えたさいきょうの仮想通貨のなまえ)

これは何の記事?→簡単に言うと『亮平は自分で仮想通貨を作りたくなった。だからこうやってどんなコインを作りたいかブログ上で考えてる』
過去記事1→ぼくのかんがえた最強の仮想通貨
過去記事2→亮平がコインを作る理由は「ベーシックインカム」
過去記事3→コインを作る上でやることを考えた

▼根幹となる利益は「自動トレード収益」

「将来的には自社開発をしてもいいな」

とは思うけれど、

「いま現実に好成績を出してるAIトレードを導入すればいいじゃない」

という思想のほうが強い。

餅は餅屋ともいうしね。

採用を検討しているトレードと、
それぞれの想定月利は以下の通り


仮想通貨FXアービトラージBOT 
月利20−40%


FX AIトレード 
月利15−30%


バイナリーシステムトレード
 月利10−20%


ブックメーカーアービトラージBOT
 月利6−8%

▼それぞれのツールの詳細

①仮想通貨FXアービトラージBOT
信頼をおく身内の作成したアビトラBOT。
もともと限られた人数にのみリリースする予定だった高性能BOTをBIトークン向けにカスタマイズしてもらう。
想定表面利回り:
1千万円の運用に対し、毎月200万円から400万円の利益
想定費用:
購入に数百万円+利益に対し10%の天引き+調整のたびに作業実費

②FX AIトレード
知り合いが成績を出してるFXAIトレード。ツール名やサービス名は特に無い(!?)らしく、今度自費で購入して運用を試す予定。(追記:ミルトンと判明)
そばで見ていて安定した収益を生み出しているのを確認してるので個人的に信頼感がある。
想定表面利回り:
1千万円の運用に対し、毎月150万円から300万円の利益
想定費用:
購入に5万円+利益に対し10%の天引き

③バイナリーシステムトレード
バイナリーなんて怪しすぎ!って思う?オレもそう思ってたけど、自動で利益を出してるって人がいるんで、こんど大阪まで詳しい話を聞きに行ってきます。(追記:話を聞きに行ってきました。EAで自由担ってる人に取材した件※バイナリートレードで有名なユウさんのツールではない
想定利回り:
3ヶ月で元本回収とか言ってるが果たして?
想定費用:
購入に25万円+ツール調整費として毎月5万円 らしい

④ブックメーカーアービトラージBOT
ブックメーカーのアビトラは実は1つしか知らなくて、アーガイルテクノロジー(→関連記事:アーガイル(アダサ)のセミナー行ってみた件)なんだけど、ほかにいいサービス、ツールあったら教えてね。
アーガイル怪しいと思うじゃん?裏でMLM(バイナリー)も動いてるし、もっと怪しいと思うじゃん?(うちはMLMに参加しないよ)
けどアーガイルの収益根拠ははっきりしてるから選択肢としては『アリ』かなと思った次第。
想定『実質』利回り:
1千万円の運用に対し、毎月60万円から80万円の利益
想定費用:
購入に100万円

▼それぞれのツールのエビデンス(利益が出てるっていう証拠)

①仮想通貨FXアービトラージBOT 月利20−40%
問い合わせ中

②FX AIトレード 月利15−30%
知り合いの運用実績スクショならある

③バイナリーシステムトレード 月利10−20%
無い。今度取ってきます・・・

④ブックメーカーアービトラージBOT 月利6−8%
無い。画面見た限りまったく問題なく利益出てるようだけどエビデンスが無い・・・

▼利益をトークン価値に反映させる手法

考え中。

技術的なことが分からなすぎるのも問題やな〜

▼トークン買い戻し?

毎月、出た利益の60%を使って市場からトークンを買い戻す。
買い戻したトークンはすべてBURN(ゴミ箱ぽい)

▼配当だす?

毎月、出た利益の50%を配当として払い出し。

払い出し通貨はイーサとかでも、使い勝手よさそうじゃない?

▼定期的に、審査制でBIトークンを配布する?

BIなんだから、

「建設的なことしてる人にしかお金渡さないよ」は不公平だと思う。
「病気で働けない人にしかお金渡さないよ」も不公平。

でも『強きをくじいて弱きを助ける』っていう理念も大事じゃん!?

なるべく「所得が低い方や生活弱者から配りたい」って気持ちがある。

ならどうする?

ひとつ提案があります!

たとえば、こんな各部門を用意する

「やりたいことあるのにお金ないです部門」
「子供が生まれて家計が大変です部門」
「生活保護うけてます部門」
「生活保護落ちました部門」
「うちの慈善事業お金ないんです部門」

など

部門別でエントリーしてもらい、抽選。

当選したら、
理念に合致した人物かどうか審査して、
合格ならBIトークンが「どかん!」と貰える。

明らかに対象外だったなら審査落ち。
空いた枠は再抽選。

ウチは審査にもコストかけません。対象外か悩むくらいなら合格にしちゃいます。

なお配布トークンはロックアップされていて、そこから生まれる配当のみ利用可能。

すげ〜!
これガチでベーシックインカムじゃん!
感動したわ!

ばぶーアイコン

こいつ、ニートコインの手法ガチでパクってる…

ごめんなさいごめんなさいニートコインのインスピレーションが凄すぎたんですごめんなさいごめ

今度、菓子折りもっていこーね

この抽選配布は、3ヶ月に一度実施したらどうですかね!?

ばぶーアイコン

誰に聞いてるの?

▼複数を組み合わせる?

BURN+残りのホルダーに配当、
さらに定期的に生活弱者に配布というコンボ

・・・最強かよ!

※PoSは導入しない

▼フェーズ(段階)を分ける?

2018.Q4まではひたすらトークン買い戻しBURN
2019.Q1からは配当出しまくり
とか

個人的には『複数組み合わせ』のほうが最強っぽくてテンション上がるわ

▼課題点

▼違法性はない?

専門家のご意見を仰ぎたいよ

違法なら法律に合致するよう軌道修正すればいいんだしね
シンプル。

▼アビトラは水物?

市場が整うほど裁定機会は少なくなるので、中長期的に見て利益が出づらくなってくることが想定される。それでも機会は存在し続けるだろうし、初期の利益生み出しに貢献してくれるなら採用するに決まってる。

▼利益に頭打ちがある?

アビトラなんか特にスケール問題があるよね。
いくら運用資金を大きくしても取引ボリューム以上の裁定機会なんか無いわけで、利益の頭打ちはあるはず。
そこがBIコインの一度目の限界かな?

▼運用資金によって成績は異なる

さきほどの利益頭打ちと同じ。元金が大きくなると安定性は増すけどROIは下がるはず。

▼市販ツールはリスクがある

とくに『相手先の会社に資金を預けるタイプ』のトレードは危ないよね

HYIPは論外としても
単純に会社が飛んだり倒産でもしたら元金回収は絶望的

対策としては
『分散投資』
『複利で回さない』
『利益の一部で保険積立する』←倒産保険でまかなえるのかな?もしくはセルフ積立

などかな

▼出た利益は手動で反映?自動で反映?

たとえば

今月は、収益が100万円出ました。
→じゃあその利益でBIトークンを買い戻しましょう
→じゃあその利益でホルダーに分配金を出しましょう

となったとき、どう操作したらいいんだろう?

身内制作のアビトラBOTなら
カスタマイズできるから

『出した利益をBIトークンにフィードバックするスマートコントラクト』

といった実装は可能だと思う。

これなら人の手の介在も不要。

しかし!

その他の市販ツールはどうする!?

こっち側でいじって、自動で

『利益をBIトークンの利用目的に反映する』

仕組みにできるならそれがいいけど、
ぶっちゃけムリじゃない?

そんな都合のいいAPI、、、用意されてないよね?

製作元にカスタマイズを依頼する?
可能なのかぁ??

たとえば『月1回、利益をウィズドローしてコインを買い戻す』作業程度なら、当面は手動でいいんじゃない?

いいよね?

ばぶーアイコン

だから誰に聞いてるの?

▼おわりに。まだまだ仔細を詰めなくては

まだまだ「ぼんやり」固まっていないことが多すぎるなあと思った。

今度はトークン割当などを考えてみよう(運営何%、開発何%っていうやつ)

ほかのWPを読み込みながら作ってみます。

こういうの考えるの、すっごく楽しいね!

キミも考えてみなよ!

案外、現実になるよ!?

(Wavesなんてクリック1つでコイン発行できちゃうからね)

LINEで、キミのご意見・コメント待ってます


The following two tabs change content below.

わたなべりょうへい

貯金はぜんぶ仮想通貨になりました。 2018年で資産500万円→資産1億円を達成するはずでしたが-200万円で決着しました。相場が悪すぎた。 2019年で優良案件を「ネット上」ではなく「人と会って」見つけ続けます。それで将来のお金の心配を無くします。だからあなたもLINE@登録をよろしくね!→LINE@に登録する