【SC-JAPAN】幹細胞培養液オイル(エナブルオイル)は本当に年齢を巻き戻すらしい

こんにちは!
りょうへい(niconico_ryo)です。

2025年大阪万博のテーマは再生医療です!

2018年8月に、
SC-JAPANのセミナーを聞いてきました!

こちらで書いた記事は
話し手が前回とは異なるので、
また違った切り口で楽しめるかもしれません。

【SC-JAPAN】あらゆる病気を治す幹細胞ってどんだけやばいの?セミナー1

※これは個人の感想を書き並べているだけです。『商品の販売』も『広告』もしていないので、薬機法の適用はありません。セミナーで聞いた情報などを自分なりに言葉を改変しています。

SC-JAPANの製品は「幹細胞培養液オイル」

東京都は「試買調査」といって、世の中に出回っている商品に問題がないか、抜き打ちでチェックするものがあります。

前回、東京都が市場に出回っている126品目をリストアップしました。うち46品目は都内ドラッグストアに置いてあるもので、残りの80品目はネット通販で購入してきてます。

たとえばダイエット商品。

東京都が15品目をひっぱってきて、そのうち「効果効能があるもの」は何個だったと思いますか?

0でした。

続いて美白・美容商品は18品目ひっぱってきて、効能があるのは6品目でした。

82%にあたる103品目が効能なしと判断されたんですよ。東京都のホームページで毎年表示してます。

健康食品の不適正な表示・広告にご注意!平成29年度健康食品試買調査結果

今回、SCJが紹介するのは、幹細胞培養液入りのオイルです。

今日は皆さんにこれがまがい物かどうか判断してもらいたいなと思います。

▼幹細胞の役割

加齢や寝不足といった要因で、細胞はどんどん消耗していきます。

失われた細胞をふたたび再生するために欠かせないのが幹細胞です。

この幹細胞を培養することで生まれたものが幹細胞培養液。

幹細胞が分裂するときに、実に100種類以上のたんぱく質が分泌されます。その分泌液が成長因子として脳に脳に働きかけて司令を出させ、さまざまな細胞が活性化します。

その結果、次のような効果があります。

・しみ、しわ改善。美白。

・発毛育毛、増毛。

・ターンオーバー周期の改善。

従来、アンチエイジングと言われていたものは老化を止める、遅らせるという意味で使われていました。

ですが再生医療は、アンチエイジングではなくバックエイジングとまで言われるようになりました。

幹細胞治療って?

動物で幹細胞治療をした動画があります。

また、これとは別の動画ですが、

脊椎損傷して下半身不随に
なったワンちゃんが、

幹細胞注射からわずか16週間
ぴょんぴょん跳ね回って
走ってる動画もありました。

これが幹細胞治療なんです。

こういったものがヒトでもやっていくんですが世界5カ国でしかやれない。

日本・アメリカ・ロシア・スイス・ドイツ。

またロシアは民間による幹細胞治療はNGなので、実質4カ国。

日本は最先端医療として幹細胞治療を取り入れています。

▼幹細胞培養液を採取する手順

まずヒトから幹細胞を採取します。

採取した幹細胞を培養して増やします。

培地にいれると、幹細胞は栄養を食べながら細胞分裂を繰り返します。

分裂するときに、幹細胞はたんぱく質をいっぱい吐き出してくれます。これが幹細胞培養液です。

幹細胞培養液は100種類以上のたんぱく質から構成されていて、細胞をものすごく蘇らせてくれる効果があります。

▼幹細胞培養液の効果

・美肌効果

お肌の曲がり角は何歳って言われてるか知ってます?

14歳です。いま低年齢化してるんです。信じられないでしょう。

だから14歳からケアしていく必要があります。幹細胞培養液を塗ることによってターンオーバーが改善され、お肌がツルツルになります。

「現在の年齢+28歳」がターンオーバー周期と言われています。

・薄毛治療

このオイルを付けて頭皮マッサージすることで薄毛が濃くなります。

つるつるになってしまったところからも生えます。

毛根は死んでいるのではなくて、眠っているだけです。

・歯茎、口内トラブル

歯茎や口内炎にオイルを付けても、状態が改善されます。

・手荒れ、肌荒れ、赤ら顔、アトピー

これらの症状にも非常に効果的です。アトピーが治ったという方もいます。

・その他

また一部の界隈では、男性の股間に直接塗ると、中学生くらいの元気さに戻ってしまうということで注目を浴びています。

この成分は不妊治療にも使われているくらいなので非常にいいものです。

▼幹細胞培養液は多くのメディアでも取り上げられている

TV番組「探検バクモン アンチエイジング最前線」という番組でも幹細胞培養液が取り上げられています。

培養液を肌に付け続けた結果、明らかにしわが減っています。

また、脳梗塞で下半身麻痺になったラットに幹細胞培養液を与えたところ、15日後には下半身の機能が回復しています。

▼幹細胞培養液オイル「エナブルオイル」は特許技術あり

SC-JAPANの提供する「エナブルオイル」には、世界初の、幹細胞培養液の低分子化に成功している。これは特許技術です。

オレンジラフィーという商品があるんですけども、世界一サラサラしているオイル。深海魚を使っています。

ナノSCDS技術というのを使ってオイルも低分子化していて、じつは肌のなかの真皮層まで浸透してしまうんです。

人間の肌は、表層のラップ一枚分は垢になる部分です。いくら化粧水を入れようとしても浸透はしません。

お風呂入って真皮層まで行くことはないでしょ、バリアゾーンがあるんです。

ドモホルンリンクルを使ってもSK-Ⅱを使っても、角質層までしかキレイになりませんよ。

で、この低分子化した幹細胞培養液と低分子化したオイルの2つを合体させたらどうなるか。すごいことなりそうじゃありませんか?

真皮層の奥まで届きます。ということは従来の化粧水ではあり得なかった、いろんな効果が出てしまうということです。

▼化粧品の市場分布

日本の化粧品市場は2兆4千億円あります。
世界では26兆円。

1位 アメリカ
2位 中国
3位 日本
4位 ブラジル

アメリカ中国と日本は、まるで人口比率が違うのに、日本は世界3位の売上を上げてしまっている。それだけ日本人は美意識が高いんですね。

そのうち売上46%が基礎化粧品と言われるものです。

化粧水や美容液というものが約1兆円を占めています。

その他がヘアー商品、メイクアップ商品など。

けっきょく、「素肌をキレイにしたい需要」が1番目なんですよ。

46%の市場を取りに行く商品じゃないんですよ、これは。
狙いに掛かるのは46%。幹細胞市場じゃない

▼なぜ商品販売が紹介限定なのか3つの理由

3つあります。

1つ目は使い方がしっかりわかるから。
対面の説明商材だからです。

シャンプーに混ぜても意味がないから混ぜない、とか。

2つ目は、使ってもらった方の、生の体験談が伝わるからです。

女性なら肌がキレイになった、とか。
ファンデいま塗ってないよ、とか。

男性なら性欲が戻ったとか。

3つ目は、幹細胞培養液を販売する場合は、「購入者の特定」が必要なんです。名簿が必要なんです。

口コミで販売することで住所、名前がかならず特定されます。

幹細胞培養液は血清と同じ取り扱いなので、ドラッグストアで販売することが非常に難しい。だからこのように紹介でしか販売ができません。

今回我々がやりたいのは化粧品だけじゃないんですよ。
育毛剤展開しますよ、とかじゃないんです。

まずは日本の市場の流通網を作っていきます。

ウーロン茶をはじめて販売したのはどこか知っていますか?伊藤園です。

しかし1年後、ウーロン茶の売上を追い越したのはコカ・コーラでした。

なぜ逆転したと思いますか?

それは、日本中に置いてある赤い自動販売機の数が圧倒的に多かったからです。その自販機に一斉に烏龍茶を1本、置いただけなんですよ。

これが流通網の構築です。

今回はエナブルオイルを使って、流通網を構築します。最新のものしか取り扱いません。

すると1アイテムを売るだけでその売上のトップをとってしまう。パイオニアになってしまうということなんですよ。

それをやってしまおうっていうのがSC-JAPANです。まずはこのワンアイテムで展開します。

▼SC-JAPANの登録費用

Aコース:1ポジション55000円 SCエナブルオイルが3本届きます
Bコース:3ポジション165000円 SCエナブルオイルが9本届きます

オートシップ費用:13500円/月 SCエナブルオイルエッセンスが1本届きます

▼話は変わり、どんな会社なのかビジョンをお話します

端的に言うと、社会に貢献する会社といえます。

我々SCジャパンという会社は、再生医療を世界に広げる会社だと。そして最新テクノロジーを駆使して世の中に革命を起こす会社です。

いちばん最初は幹細胞培養液からスタートするので「コスメの会社なのかな?」と思うかもしれませんが、再生医療で世の中を変革しようと考えています。

▼何のためにSC-JAPANをやっているか?

再生医療を必要としている方に届けることがSC-JAPANの役目です。

幹細胞治療はさまざまな症状に対して効果が期待できる新しい治療法です。

いままでお会いしたなかでは、幹細胞治療を受ければ助かったのにな、と言う方がいらっしゃいます。ですが、1回1千万円を出して、ポンと受けられるかというと難しい。

わたしたちは、いい意味での価格破壊をおこしたいと思います。再生医療を、世の中にもっともっと普及をさせて価格を下げていきます。

SC-Jは培養から治療までワンストップまで行っているので、コストはどんどん下げていけます。

理想は100万円を切るくらいまで持っていければ色々な方の手にも届くのではないかと考えています。

仕事とは、世の中の困りごとを解決すること

「仕事ってなに?」って考えてみてください。

人々や世の中のお困りごとを、どれだけ解決していけるか、というのが仕事をする上で大事なポイントだと思っています。

ではどんな問題を解決するのでしょう。

SCジャパンでは希少難病の治療や、バックエイジング効果を提供します。

いままでの治療法は手術、投薬がメインでした。

ところが再生医療では、薬を使わずに、みずからの免疫力、自活力を高めて治療するものになります。

糖尿病の可能性は国内1000万人、
可能性を否定できない人が1000万人人います。厚生労働省調べです。

いきなり再生医療から入るより、まずはコスメで認知を高めてもらおうという狙いがあります。

集めた投資資金で、再生医療の病院を全国に作っていきます。すでに早ければ2019年6月に東京クリニックがオープンいたします。

日本の経済未来年表という雑誌にも「再生医療」は載っています。

SC-JAPANはメディカルテクノロジー、メディテックというもので世の中をかえていく。パイオニアになっていこうとしています。

日経『世界を動かす100の技術』のなかでもテクノロジー期待ランキングⅠ位は再生医療です。

最先端の技術ほど使いやすいものであると思います。

いまや「電気のボタンを押すのがめちゃくちゃ難しい」とは誰も思わないですよね。

世の中はより、仕掛ける側と仕掛けられる側に分かれるなと思います。

SC-Jはテクノロジーを仕掛ける側であります。

ありがとうございました。

▼想定されるQ&A

幹細胞治療で病気が治ったという話を聞いたことありません。エビデンスはあるのですか?

→症例がなかったら厚生省から幹細胞治療の認可はおりませんし、クリニックも建てられません。


The following two tabs change content below.

わたなべりょうへい

貯金はぜんぶ仮想通貨になりました。 2018年で資産500万円→資産1億円を達成するはずでしたが-200万円で決着しました。相場が悪すぎた。 2019年で優良案件を「ネット上」ではなく「人と会って」見つけ続けます。それで将来のお金の心配を無くします。だからあなたもLINE@登録をよろしくね!→LINE@に登録する