【退職特集】ノーリスクで給料28ヶ月分受け取れるって本当に本当?『退職コンシェルジュ』岡村さんに聞いてみた

こんにちは!
りょうへい(niconico_ryo)です。

退職前、親よりも先に相談すべき人物がこの方!

追記お知らせ:
退職を希望するあなたのためのサイト、全国退職者支援会が立ち上がりました。退職前に、自分が条件に当てはまるかどうか、必ずチェックだね。

▼岡村さんと知り合ったいきさつ

岡村さんは
東京で退職をコンサルされてる方。

いっぽうオレりょうへいは
福岡でブログをやってる無職(兼投資家)。

ばぶーアイコン

ぜったいに出会うことのない2人がどうして知り合ったの?

それはね
前職のコールセンターで
面倒見のいい先輩がいてね。

退職後も

「仕事はどうだ」
「元気にやってるか」
「僕は今こういうことをしてる」など

頻繁にラインをくれる先輩なのだ

リアルにうちのオカンよりライン頻度多い件

そんなTさんがある日

Mr.T
りょうへいさん面白いブログやってますね、退職がどうとか!僕の知り合いもそういう仕事してますよ。ご紹介しましょうか?

となって知り合ったのが
退職コンシェルジュの岡村さんなのだっ!

そんな岡村さんから

「退職コンシェルジュとは何ぞや?」

をはじめて聞いたときの話を
再現してみたよ。

▼退職コンシェルジュってなんですか?

りょうへい
退職コンシェルジュって、具体的にどういったお仕事なのでしょうか?
退職コンシェルジュ岡村さん
退職コンシェルジュという、退職をお考えの方に手当金などの提案をする仕事をしています
人助けですね、すばらしいです。
でも手当金というと失業給付金などのことですよね?あれならハローワークに言えば3ヶ月ぶんは誰でも貰えるんじゃないですか?
※失業給付金・・・雇用保険を払ってる人に出る、失業したときのお金。失業手当とも言う。
ええ。ですが、僕たちの提案する手当金は、それより多くなります。最低でも10ヶ月、最大で28ヶ月ぶんの手当金を受け取っている方が多くいらっしゃいます。
ににに28ヶ月?
2年4ヶ月も貰えるんですか!?詳しく聞かせてくださいっ!!

▼毎年どれくらいの人が相談に来られてるんですか?

会社として年間1200人以上、わたし個人では年間230人以上にご提案をしてまして、たいへん多くの方にご満足いただいてます。
230人以上はすごいですね。でも、わたしも28ヶ月って聞いちゃったらまず詳しく知りたくなります。わたしなんて貰ったの12ヶ月分ですよ……

▼何か会社にバレたり、迷惑かけたりとかないんですか?

この制度活用は会社に告げる必要はありませんし、会社に対して起きるデメリットも一切ありません。
※会社のデメリット・・・たとえば労災保険を使うと『労働災害を起こした問題企業』という厳しい目で見られる。だからこそ労災隠しがあるわけ。でも今回の制度活用には企業側の損が無いというわけ。
えぇ!会社に何にも言わなくていいんですか?
そうです。ご本人から会社に言うことは一つもありませんし、他の同僚や社員にバレることもほぼありません
へー!
ですが、在職期間中にアクションしてもらいたいことがあります。だからこそ早めにご相談いただきたいんです。かならず一定数は退職後に困って相談にいらっしゃる方がいるんですが、その際は残念ですがどうにもならないことが多くて……
退職後に来ても時すでに遅し、なんですね。なんだか光景が想像できます。。

▼やばい手法ではないの?

その、『在職中じゃないとできないこと』って、変なことではないんですか?
いえ、問題のない方法で、100%クリアな状態で手当金を貰います。

それもそうか。

毎年230人もサポートして
それがヤバい手法だったら
公的機関から目をつけられかねないもんね。

社会保険のなかで、ぼくたちが使える制度があります。それこそ社会保険労務士とか、一部のハローワーク職員しか知らないようなことです。
へー、まったくわかりません
9割の方が知らないものです。ハローワーク職員も6割くらいしか知らないと思います。

▼自分で申請しようと思えばできるんですか?

可能は可能ですが、ご自分でなんとかしようと思うと苦労すると思います。
そうなんですか?
例えば自動車免許の試験って、重箱の隅をつついたような『落とすための問題』がありますよね?
ありますね

「赤信号では必ず停車しなければならない。」(答えはバツ。緊急車両は走ってよい)
「対面する信号が青色灯火のとき、車は直進、左折、右折をすることができる。」(答えはバツ。自転車はNG)
「高齢者が通行しているそばを通るときには、一時停止か徐行をしなければならない」(答えはバツ。誰のそばでも注意して走行する←?)
「夜の道路は危険なので気を付けて運転しなければならない。」(答えはバツ。←アホかw)

(引用元:http://dakahi.com/blog/menkyo-hikkake-02)

みたいなやつね

手当金の申請も、それと似たような部分があって。
それ、ひどくないですか?(笑)
申請するための項目条件っていうのが細かく指定されているので、ほとんどの方が申請を間違えたり、用意する書類の煩雑さで途方に暮れます。
「お役所仕事」…ちょっと想像できます。
ほかには、案内をしている中で障害者手帳をお持ちの方も多くいらっしゃいます。
精神疾患を持ってる方なんですが、『アンケート用紙の回答をミスして』認定されなかったというケースもありましたね。。
いや、本当にひどい。

窓口で生活保護を断る「水際作戦」と
おなじ構造じゃん、それ。

そこを弊社がすべて責任持ってサポートさせて頂くというのが退職コンシェルジュになります。『正しい申請の方法』だったり『国が用意してる手当金制度を最長で使える方法』といった提案をしてます。
めちゃめちゃ心強いですね!

自動車免許が独学一発で
受かることがほとんどないように、

退職サポートも
必須レベルなのね、こりゃ。

▼実際にサポートお願いしたらいくらくらい貰えるもんなんですか?

たとえば現在働いていて手取り30万円の方は、28ヶ月間で546万円くらいの給付になります。
手取りでですよね?
手取りで546万円です。
すごい!

しかもこれって
所得扱いではない(所得ゼロ)から、

  • 年金も全額免除
  • 翌年の住民税も激安
  • 健康保険料も激安(月1700円くらい)

になる可能性ほぼ100%だよね…(りょうへい調べ)

ご相談をいただいた実に70~80%の方が、個人で行うよりも多くの給付金が受け取れています。

▼アルバイト・パートタイマーでも受け取れるの?

バイト・パートでも雇用保険1年以上であれば方法があります。もちろん会社に一切言う必要はありません。
いや~、まじで学生のうちに知っておけば…!

▼社会保険料は『めっちゃ高い掛け捨て保険』を払っているようなもの

社会保険って働いてる方のほぼ全てが加入してますけど、どうして入っているんだと思います?
えーと、失業したときの保険とか?それ以外にもあるのでしょうか?
失業保険も社会保険のなかの1つです。それ以外にもあります。
へ~

保険という名のもとに
税金でも取りたいのかな?

親や周りは『社会保険なんて入るのが当たり前』『入っておけば安心だよ』って言いますよね。
ええ
じゃあ社会保険の中身とか、『いつ、どういうときに手当が出るものなのか知ってますか?』とお聞きするとわからないとおっしゃいます。
…たしかにそうです
皆さんそうなんです。これ、『生命保険』に置き換えてみるとわかりやすくて。生命保険に加入するとき、中身を知らずに入りますか?
いえ
入院で日額いくら、事故や死亡でいくらくらいって確認しますね
そうですよね。しかも、社会保険って退職後は一切使えません。これって生命保険でいうと掛け捨てと同じなんです。
たしかに!
社会保険料って毎月2,3万取られてますよね?年間30万円収めてるんですよ。
高いですね!給与天引きだからほとんど意識してませんでした
これを『年間30万円の掛け捨て保険』に置き換えたらどれくらいの手当になると思いますか?病気をしたときや死亡したとき、とんでもない金額を受け取れますよ
うーん毎年30万円の掛け捨てって考えると、わたしが12ヶ月間給付を貰っていたのも全然普通な気がしてきました。

ちなみにりょうへい(31)が試しに
掛け捨て保険を死亡時1億円+オプション全部盛り
してみたら、

月々16000円くらいでした。

これでも社会保険料の半額!

▼28ヶ月給付受け取りの条件

まず、雇用保険の加入が1年以上あることが前提条件です。
ふむふむ。一般的な失業手当の条件と同じですね。
付け加えさせて頂きたいのが「在職中であること
やっぱり、退職後ではダメなんですか?
退職後になると、最長28ヶ月給付というのは難しいです。そちらも一度ご相談いただければと思います。

→退職サポートにコンタクトを取るにはこちら(相談何度でも無料!)

うちはコンサルを行った結果、受け取り金が増えたぶんから報酬を頂くので、相談して悪い結果になるということはありません
『岡村さんに頼んだ結果、手元に残るお金が減った。損した』ということが無い、という認識でよろしいでしょうか?
その通りです。万が一そうなった場合、報酬はお返しいたします。
すばらしいですね!

▼さいごに。岡村さんの思い

うちは転職コンサルなどもやっているんですが、つらい思いをしている人をたくさん見てきました。
『辞めたい』って言っても辞めさせて貰えないところもありました。中には裁量残業(自分で残業をどれだけするか決める)でまったく休みが取れず、とうとう自殺した人もいたと聞きます。
当時は『再就職先の紹介をしただけで、本当にそういった方を救えるの?』という思いがありました。そこでこの仕事が立ち上がったんです。
たとえばご本人が鬱になったとしても、制度のことがよくわからず『自己都合』扱いで退職すると失業手当が3ヶ月しか貰えないじゃないですか
そうですね。実際は申請すらしない人もいますし…
たとえ鬱でもパワハラ退社でも円満退社でも、ハローワーク側からそのへんの事情を汲んでくれることはほぼありません。ほとんどの人は3ヶ月ぶんのお金が支給されておしまいです。
たしかに…
ぼくは『それはあんまりじゃないか。情が無さすぎじゃないか』と悔しい気持ちで
おっしゃる通りです

オレも同じ気持ちで
このブログ【ニゲドク】を運営してる

そういう方の力になりたいという気持ちで、退職コンサルをしています。

不覚にも目頭が熱くなってしまいました…

退職サポートは『国や会社から取れるだけ取ってやろう』という考えではなくて、『困っている方の助けになりたい。退職後の心配を無くしていきたい』という気持ちからきています。ですから、うちではできるだけ円満退職を推奨してます。
岡村さんのお気持ちよくわかりました。本日はどうもありがとうございました!

長いこと読んでくれてありがとう

あなたはどう思った?

何度でもいうけど、
どうしてもっと早くに岡村さんと出会わなかったのか…
とオレは悔やまずにはいられないよ。

あなたがこの記事を
見つけてくれたことは
本当にラッキーだと思う。

追記お知らせ:
退職を希望するあなたのためのサイト、全国退職者支援会が立ち上がりました。退職前に、自分が条件に当てはまるかどうか、必ずチェックだね。

The following two tabs change content below.

わたなべりょうへい

貯金はぜんぶ仮想通貨になりました。 2018年で資産500万円→資産1億円を達成するはずでしたが-200万円で決着しました。相場が悪すぎた。 2019年で優良案件を「ネット上」ではなく「人と会って」見つけ続けます。それで将来のお金の心配を無くします。だからあなたもLINE@登録をよろしくね!→LINE@に登録する