モストブルーリゾートの話を聞いてきたぞリベンジ【GTWS】

こんにちは!
りょうへい(niconico_ryo)です。

亮平アイコン

前回の記事はこっち。何回聞いても面白いんだが?

▼金融の話

パレートの法則ってありますよね。
2:8の法則って言われてるやつです。

その少ない2割の中の、
さらに2割だけが
本当に儲かる金融商品を
扱ってるんです。

日本人は
お金の入り口には
こだわる生き物です。

「会社に入ったらどれだけ給料があるか?」
「事業をしたらどれだけ収益があがるか?」

こういうことは気にします。

だけどいっぽうで
出口を意識している人は
あまりいません。

お金の行き先は
意識していないんです。

お金の使いみちには
3つあると言われています。

消費
浪費
投資

の3つ。

多くの人は消費と浪費に
ほとんど資産を使います。

しかし
資産を増やしていく人っていうのは
投資が一番大事であると
考えています。

投資で一番大切なのは「自己投資」、

勉強です。

▼登壇者の経歴

ぼくは上海で仕事をしていました。

「日本円をドルに替えませんか?」
という提案をする仕事を
していました。

そのときHSBC定期預金で
年利4%でした。

そのとき初めて、
米ドルが世界の基軸通貨であり、
世の中で一番信用されている通貨だと
知りました。

その仕事を通じて、
資産を大切にしている
投資家の人たちと知り合いました。

その中で、
このモストブルーリゾートに
出会ったということです。

前半はリゾートの話。

後半は投資の話をします。

▼バリ島の会員権の話

会員制ホテルといえば
ヒルトンバケーション、
エクシブなどがあるが、

このモストブルーリゾートは
インドネシアのバリ島の会員権だと
思ってほしい。

ヒルトンクラブは入会700万、
年会費30万、一泊2万くらい。

エクシブは入会1000万で
年間宿泊日数が20日くらいですよね。

ですが今回のリゾート会員権は
32400円という格安で提供している。

▼インドネシアってこんな国

GDPは右肩上がり、内需が固い。

貿易をしなくても
生きていける国と言われている。

日本からの空の便も
5倍以上に増えている。

バリ島は究極の楽園リゾートと
言われているくらい、
自然に恵まれた土地。

▼GTWS(GroupTakingWorldStorm)ってこんな会員サービス

完全会員制のヴィラスウィートホテル

かつ、インドネシア初の
銀行カウンター常設の
ホテルでもあります。

マンデリン銀行は
インドネシアNo.1の銀行

OJKという、
政府公認マークをもらった
看板を出している。

これもGTWS側から出しているものでなく
銀行側の好意で出しているもの。

▼GTWSは銀行コンサル業務もやっている

お金には稼ぐ、増やす、守るというステップがある。

GTWSは、このお金を守ったり、
増やしたりする部分に注目している。

現在の日本は、
定期預金に100万円を預けても
年間利息は10円程度。

しかしバブル時代は
100万円につき7万円ほど
利息がついた。

インドネシアはちょうど
日本のバブル前の状況と
同じことが起きようとしています。

ぼくたちの提案は
「なにかを買ってください」ではありません。

「いまよりも高い金利を受け取れるところへ資産を移しておきませんか?」

という提案です。

利息をゴールドで
受け取ることだってできます。

バリビジネスコンサルティングというものも
行っています。

年に4回、シークレットセミナーが行われます。

そのセミナーでは、
インドネシアのコンサルタントが
インサイダー情報を教えてくれる。

なぜこんなことが
できるのかというと、
インドネシアには
個人情報保護法がないから。

本来アッパー層にしか
アプローチされない
プライベートバンクの開設も可能です。

GTWSにはそれほどまでに
インドネシアの銀行と
良好な関係ができているということです。

インドネシアNo.2のBRI銀行の公式サイトには
トップページなどに
GTWSのロゴが入っています。

ぼくたちからロゴを入れてくれと
お願いしたわけではありませんよ。

▼インドネシア基礎情報

バリ島は愛媛県と同じくらいの大きさ。

寺院は2000、ホテルは3500ある。
愛媛県はホテルが100くらい。

インドネシアは資源大国。
バリ島は観光大国。

▼現地ツアーの流れ

到着するとパトカーが待っている。
現地警察と護衛契約を結んでるから。

サンセットディナーでは
好きな食べ物を注文できます。

ツアー旅行によくある
みんな一律で同じ食事の提供ではありません。

ミーゴレンハシゴレンは
どこいって食ってもうまいんですよ。

午後に口座開設したり、
ショッピングをしたり。

夜はケチャダンス。

他のツアーは複数のツアー客が見る。
でも僕らはVIPツアーなんで
ほかの観光客なしで見られる。

・祈祷師バリアンさん

一番くらいの高い祈祷師の、
さらに上の方。

王族、貴族しか見てもらえない方が
いらっしゃる

年商100億以上の社長婦人も
毎月いったりしている。

これだけやって2泊4日、
1300ドル。

これにプラスして飛行機チケット以外
なにも費用はかかりません。

このツアー、
ほかの大手旅行会社に見積もり取ってみたら
30万円かかると言われたこともあります。

そもそもこの位の祈祷師は
呼ぶことができない、
と言われます。

▼「資産を守る」話

健康、経済、人間関係

この3つは非常に大切です。

日本人のほとんどは自分の枠、
ゾーンにせばまったまま
人生を終えています

このゾーンを広めるためには
「絶対的に、海外にいくことが必要だよ」
と言われたこともある

インドネシアは世界4位の人口。

人口ボーナス期の始点と終点

中国→65年、2010年
インド 65年、35年
ねしあ70年、20年
日本30年、90年

いまは1万円札で
10万ルピア札10枚が交換できます。

でも15年前は20枚。

インドネシアは人口ボーナス期がくる。

これからルピアの価値は上がり続ける可能性が高い。

▼わたしたちが提案するポートフォリオ

円25%
ドル25%
ルピア50%

円は生活資金として。
ドルは世界の基軸通貨、
守りの投資として。

ルピアで増えたぶんを
米ドルに変えていくってことをしてます。

タイ、マレーシア、シンガポール
日本で言うJRとか通ってます。

でもインドネシアは
まだ通っていない。

渋滞もひどいため
解消しようと海にバイパスを建設している。

▼インドネシアの人口期ボーナス・バブルの訪れ

人々の年収が100万円を超えると
バブルが訪れると言われている。

インドネシアに
それが訪れるのが2020年から。

わたしたちはサービスとして
ナンバー1,ナンバー2の
銀行カードを差し上げている。

国策で4.5%を超える金利は
つけてはいけないとなっているが

国と銀行の契約で4.5%以上を実現している

BRI銀行
定期預金6.25%
普通預金1.75−2.4%

さらにペイオフは2000万円。

ワールドワイドエクスチェンジ対応なので
日本で引き出せば円、ほかではペソなど
ちゃんと現地通貨で引き出せる。

世界の口座は
使っていないと凍結されるので
月1000円くらい
引かれることは覚えといて。

このカード、
1500万円ないと作れない
プレミアムアカウントです。

インドネシアでは
あまり見せびらかさない方がいいです。

おすすめのスタート資金は
定期30万、普通預金10万円。

定期ぶんの利息が単利だと
毎月普通預金に入ってくる。
月1100円ほど。

これはつまり
アクティベーションされてるってことになるので
凍結を防げる。

▼途上国への投資の話

戦後、焼け野原の日本に
イギリス資本が入ってきた。

日経平均100円→38000円
1ドル360円→120円

イギリスは最大380倍利益が
出ていることになる。

さらに
円とユーロについては
為替レートで4倍差がついてる。

つまり
1520倍の利益を得た
っていうのが歴史の事実。

でも、
このチャンスに我々は乗れなかった。
なぜなら当の日本人だから。

チャンスは過去にもあった。
それが中国への投資。

このとき孫正義がアリババに出資。

20億が7年間で8兆円まで成長した。
実に4000倍。

1万円入れてたら4000万円です。
10万円入れてたら4億円です。

これも参加できなかった。
中国とのコネがなかったから。

今日話したい話は
インドネシアでしたね。

日本や中国で来たこの経済成長、
人口ボーナス期がいつくるのかといったら
インドネシアは2020年から
来ると言われています。

インドネシア株は通常
日本人は買えません。

当時の中国株だってそうでした。
孫正義はそういうコネがあって買えた。

▼株・ファンド購入権の話

インドネシアは
1社独占企業が特に多い

上場している95%が
インドネシアの企業

たとえば
アストラっていう会社があります。

インドネシアは
世界で一番フェラーリが売れてる国です。

2千万のフェラーリが関税で
4千万で売れているのがインドネシア。

すべての車はこの会社からしか買えない。

石炭も建設も同じ。

・INDODAX HTTPS://VIP.BITCOIN.CO.ID/

税の申告漏れは怖いですよ。

仮想通貨の利益は、
事業所得にはできないと言われたこともある。

3千万から1億円は泳がせるって
話も聞いたことがあります。

2,3年泳がせてから追徴課税です。

税務職員から普通に聞きました。

所得はちゃんと申告してください。
はんとりしょっていうものも。

ですが、
インドネシアはまだモノ扱い。

ビットコインを
日本の取引所を介して
インドネシアの取引所に送る。

これをカードで引き出す。

ビットコインが
日常生活ですこし便利に使えます。

▼けっきょくモストブルーリゾートは節税になるのか?

誤解なきように説明します

ビットコインをBRI銀行に送金し
ルピーに替える際は、

インドネシア政府に
10%の税を支払わなければなりません。

これはちゃんとインドネシア政府に
申告しなければなりません。

またBRI銀行から
日本のATMで現金を引き出す際は
日本に最大45%の税金を
支払わなければなりません。

これもちゃんと日本の税務署に
申告しなければなりません。

日本とインドネシアには
租税条約がありますので
インドネシアで引いた分は日本で
差し引いてよいことになっています。

これって実は保険業法もおなじなんですよ。

条文を見てみると
「内閣総理大臣に許可をもらい」
などと書いてありますが、

具体的にどのように許可を
もらうのか不明なんです。

どうやって支払うのか
行政に問い合わせても

「支払う方法がなく、どうにもならない」

と返事があるわけです。

つまり、
法律はあるけど手段が用意されてない
っていうグレーゾーン状態です。

▼法律はあるが手段がない

私たちはあくまで
「納税はちゃんとすること」
を前提でお話してます。

ビットコインからルピーにかえる際、
インドネシアで税金10%が
かかるという法律があります。

でも、
これを日本人が納める方法はありません。

だって、
インドネシアに現住所がないですから。

▼あくまでこの話は「入金手段が増える」という前提

BRI銀行から預金を
日本円で引き出すには
どうしたらいいか?

私たちは
「コンビニで引き出せます」
と説明します。

「節税、租税回避」
とは言いません。

ちゃんと税金は払いましょう。

あ、コンビニでもファミマは対応してません。

まあ建前はそうだけど
本音はなーんにも
かわってないですけどね。

聞いた話ですけど
カンボジアはCRSに
サインしてないって話ですよ?

カンボジアも年利6%とかありますよ、
けど資金の動かせないロック期間が
5年とかあります。

▼満期はいつ?縛りは?ペイオフ額は?

海外口座で5年の
ロック期間は普通です。

でもインドネシアのBRI銀行だと
3ヶ月ごとに満期です。

月末に年会費の月割り800円,
維持費200円程度が
口座から引き落としされます。

利息は毎月15日に
税金20%が天引きされて入金されます。

さらにペイオフは
インドネシアが2000万ですよ。

日本でも1000万のところ、
倍の資産を保証するってなってるんです。

フィリピンでは130万円前後と聞いてます。
カンボジアもそれくらいなんじゃないですか。

資産を守ることを考えたとき、
どちらがいいですか、って話です。

▼カンボジアへの預金、投資もいいが……

カンボジアもいいですよ。

けどインドネシアが
先に成長するんだから、

人口ボーナス期が来るんだから、
そのあとでカンボジアに
投資すればいいんじゃないですか?

インドネシアへの投資で
増えたぶんを回して。

▼ティープラス無制限へ変更

年4回、山梨で研修会があります。
社長が直々に話されるんですけど、
そこに出席された人だけがもらえる
マーメイドカードというものがあります。

これ、説明会でも話さない
インドネシアの株やファンドが
買い放題という権利が付いてます。

一部をご紹介すると

たとえばプロステラ。
前年比150%成長。
年利50.1%配当。

ほかにもトゥリーメガっていうファンド。
7年で12倍成長してます。
年40%を複利と回すのと
同じくらいのパフォーマンスです。

▼LINEが普及したときの話になぞらえて

ラインってなんでこんなに
普及したと思いますか?

ラインが登場したとき、
Eメールを使ってた顧客がいたからです。

ケータイのEメールと比較して
ラインのほうが楽で便利だった。

じゃあEメールの前はというと
はがきがありました。

はがきとEメールを比較して、
圧倒的に手間もお金もかからないよね、
ってなったから普及したんです。

これね、利息も同じことが言えます。

インドネシアの年利5.75%と
日本の0.001%を比較して
どう思います?
ってことです。

私たちが言いたいことは
「なにか買ってください」
ではありません。

「これから成長する国に、資産の一部を預けておきませんか」
というご提案です。


うーん、何度聞いても面白い。

亮平アイコン

モストブルーのセミナーは日本全国で毎月やってるんだって!

友だち追加

追記※亮平はインドネシア口座を開設したのみで、GTWS経由の投資などは行っておりません!


The following two tabs change content below.

わたなべりょうへい

貯金はぜんぶ仮想通貨になりました。 2018年で資産500万円→資産1億円を達成するはずでしたが-200万円で決着しました。相場が悪すぎた。 2019年で優良案件を「ネット上」ではなく「人と会って」見つけ続けます。それで将来のお金の心配を無くします。だからあなたもLINE@登録をよろしくね!→LINE@に登録する